inaka20

植物はある意味で教師のようだな・・・

仕事が忙しいので、時間があるうちに植えとかないと思って先日、ささっと田舎に一人で向かい、さらに芝生エリアをささっと増やしてきた。

まあ、相変わらず、このデコボコ、かつ、バラバラっぷりであるが、ちゃんと根付けば問題なし。笑

inaka20

去年は嫁に手伝ってもらっても、疲れてフラフラで作業が全然進まなかったのに、やっぱり体力が付くんだなあと思ったもので、雑ではあるが耕して整地して、あっというまに終わった。(しかも苗木も数本植えることができた)

やっぱり体は動かさないとダメだね。

 

ところで、ふと思ったんだけど、もう、夏だったんだよねー。

夏に植えるとあっというまに土が乾燥するから、植えたばかりの、まだまったく根づいてない植物は、水をこまめにやらないとすぐに涸れてしまう。

まあ、常識なんだが、必死になりすぎて、すっかり忘れていたよ。苦笑

もう1週間雨降ってないし、スコールも外房付近では発生しなかったはずだから、かなりやばい。

この土日は行く暇ないし、でも明日は雨のようだ。

ザンザン降って欲しいなあ。

あぁ、行くのが怖い。。。

 

そういえば、いすみで田舎暮らししてた頃に、お付き合いのあった、外構屋Kさん。

嬉しいことに毎年、年賀状をくれるのはいいんだけど、「近くに行ったら寄りますね」みたいなことが書いてあるんだけど、まあ、来てくれない。君津で近いのに。笑

いや、別に社交辞令だろうし、忙しいだろうから無理して来なくていいんだけど、頼みたいことがあるから来てくれればいいのにーと、2年くらい思っていたんだけど、やっぱり来ないので(笑)、かといって自分から連絡するのも勇気が無いし、なので、まあ、とりあえず浮気して別の外構屋さんに頼んで自宅に緑を増やした。

inaka21

緑は、家の完成当時少しだけあったんだけど、どうも積水ハウスの設計士は冒険しないのか、すごくありきたりな設計を提案してくる。まあそのぶん「堅い」のだが、個人的には物足りなかった。

それは、建物にも外構にもどちらにも言えることだった。

まあほんとは、袖ヶ浦の自宅もSさんに頼もうと思ったんだけど、ちょっといろんな事情が重なって連絡が出来ず、それ以来疎遠。

でも、今となっては、ハウスメーカーも良いかなと思っている。

家の造りだけでなく、外構も含めて、恐ろしく頑丈に出来ていることがよーくわかったし。

なにより今回の外構屋さんも「積水ハウスの施工はすごい、そこまでやるか。」と苦笑して言ってたし。笑

最初は嫁は喜んでるけど、自分的には微妙・・・だったけど、住み続けることで、この選択で良かったかな、と思うようになった。

 

今回、コンクリに大きな穴を開けて大きな木を4本、小さい木を5本植えたのだが、印象ががらっと変わった。

やっぱり緑はすごい! と思った。

最初はファサードを全体的に飾るエクステリアをバーンと設置したいなあと思っていたんだけど、予算的に厳しいし、金属とダミーの木目では、どうしても無機質な印象になってしまう。

いろいろ考えた挙げ句、そもそも緑が足りないのだから、緑を増やせるスペースすべてに緑を増やせばいいんだと、非常に単純だけどそれが一番効果的で、なおかつ予算的にも優しいことに気がつく。

で、やっぱりそのとおりだった。

 

もうね、緑様々です、いや、緑がないと耐えられません。

緑は本当にいいです、癒されます、時に教師のようです。

植物のことを本当に理解すると、世の中のことも、わかるようになる。(これほんと。)

そう考えると、人間なんかよりもよっぽど賢いので、なにか迷ったら植物に問いかけてみると良いかも知れない。(くれぐれも人が見てないところでやってね)

なので、もっと増やしたい。

ある意味、仲間だな。

なんて言っているくせに、仲間を枯らすわけにはいかんよなあ。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です